dereb_profile

Dereb Desalegn(デレブ・ダサレン)
DEREB THE AMBASSADOR ヴォーカル
日本国内のフェス・公演・クラブ等へのオファー・お問い合わせは、エチオピア・アートクラブがお手伝いいたします。本ページ下方のフォームよりお問い合わせください。

DEREB THE AMBASSADORことDereb Desalegn。
エチオピア北部ゴンダールのアズマリ(伝統楽師)の家系に生まれ、わずか4歳の頃から両親とともにステージに立つ。10歳の頃、家族でゴンダールを引き上げアジスアベバに移住。このころからストリートやナイトクラブでマシンコ(エチオピアの伝統楽器・一弦ヴァイオリン)を弾き語り、両親や幼い弟妹の生活を支えてきた。

18歳の頃、オーストラリア人との結婚を機に移住。遊び盛りには衝動を抑えきれない華やかな夜の世界と母国での生活とのギャップ、その狭間で起きたカルチャーショックとアイデンティティ・クライシスに悩み、苦しんだ時期も短くなかったと言う。そんな彼を孤独から救ったのは、先に同国へ移住した叔父の歌だった。天性のミュージシャンであるDerebは、音楽により救われ、音楽により見いだされ、そして再生した。今ではシドニーをベースに2つの国の異なる文化を行き来する希有なミュージシャンとして活躍している。

国外出奔後、エチオピアで2つのソロ・アルバムをリリース。その中の収録曲、2003年のヒットチャートNO.1に輝いたウォッロ(Banchew Megene)が彼の出世作となり、一躍Derebをエチオピア・ショービズ界におけるスターダムへと押し上げた。しかし同時にアズマリ(注1)という彼の出自を揶揄し、蔑む人びとによって傷つく機会は増え、このことが彼の音楽活動から自身のアイデンティティとも言えるエチオピアの伝統楽器マシンコを遠ざけてしまう。また、Derebの内面の葛藤を知る由もなく成功者としての彼に容赦なく質問を浴びせるマスコミのインタビューからも距離も置いた。彼は心の奥深くに渦巻く深い哀しみや怒りを音楽に昇華させることで自身の音楽性をさらに高めていった。

オーストラリアにおいても音楽活動を続けるDerebは、2005年にNicky Bombaとのユニットで‎ アルバムDrums And Lionsをリリース。その後、在豪ミュージシャンらとDEREB THE AMBASSADORを結成、国内外の多くのフェスに出演。2011年、エチオジャズ黄金期にその一翼を担ったMahmoud AhmedやAlemayehu Esheteの名曲を独自のアレンジでカバーしたアルバムDEREB THE AMBASSADORをリリース。同年、母国エチオピアへの凱旋ツアーを果たす。2013年には東京JAZZ・いわてJAZZ出演のため来日。
在豪歴20年にして当地でもアムハラ語(エチオピアの公用語)の歌詞に拘り歌い続け、Heavy Ethiopian soul funk and dirty rhythmsという独自の境地を切り開いた。

気になる今後の展開は、シドニーに加えメルボルンでも異なるバンドメンバーとDEREBE THE MBASSADORとしての活動を始動。オーストラニア国内のクラブやフェスでの公演予定が目白押し。2月にはニューアルバムの収録を完了し、上半期にリリース予定。(2017年1月現在)その他にもDerebの中では複数のプロジェクト構想が既に動き始めている。60-70年代エチオジャズ全盛期のとあるアーティストに光を当てるプロジェクト、エチオピア各地に伝わる伝統音楽に光を当てるプロジェクト・・・etc.彼のアイディアは留まることを知らない。

エチオピア伝統音楽を正しく理解する数少ないミュージシャンであるDerebは、エチオジャズ黄金期のレジェンダリーアーティストと若手アーティストを繋ぎ、エチオピア伝統音楽と西洋音楽を繋ぐ唯一無二の存在だ。彼が描く世界戦略には、もちろん日本も含まれている。果たして彼の手により日本でもエチオピア音楽旋風が巻き起こるのか。今後の活動から目が離せない。

(注1)アズマリとは、エチオピア北部ゴンダール地方の職能集団。音楽を生業とし、男性は主に伝統楽器マシンコを弾き語り、女性はマシンコが奏でる音楽に合わせ歌い踊る。エチオピアでの社会的ステータスは一般的に低く、時に差別の対象とされることもある。

◆DEREB THE AMBASSADOR
http://derebtheambassador.com/
https://www.facebook.com/DerebtheAmbassador

広告