エチオピア・アートクラブ主催Secret Art of ETHIOPIA第3弾は、新刊『ストリートの精霊たち』の著者である川瀬 慈さんをゲストにお迎えします。

本書は、エチオピア北部の都市ゴンダールの中心地ピアッサにおいて“ピアッサの精霊”(イェ・ピアッサ・コレ)と呼ばれる芸能者や物乞い、ストリートを生活の基盤とする人々が主役です。本書では、ストリートに息づく彼ら/彼女たちの夢や希望、生きざまが、著者との交流を通して様々な語り口で描かれます。

本書の舞台となったゴンダールのストリート、そして著者が惹かれてやまないストリートの仲間たちについて、写真や映像、サウンドを交えて紹介します。

日時 4月28日(土)13:30開場 14:00-16:00
場所 駐日エチオピア大使館
   東京都港区高輪3丁目4−1
会費 1,000円(小さなおみやげ付き)
主催 一般社団法人エチオピア・アートクラブ,後援 駐日エチオピア大使館

≪お申し込み・お問い合わせ≫
お申込みはコチラから。
 https://ethiopianartclub.org/entryform/
※申込フォームへアクセスできない方は、下記アドレス宛に『氏名/連絡先メールアドレス/参加人数』を
 ご記入の上、メール送信をお願いします。
 eac_info☆googlegroups.com (メール送信の際は☆を@に変更してください)
※定員になり次第、受付を終了します。お申込みはお早めに。

≪プログラム≫
◆ご挨拶(エチオピア大使館)
◆スライド・トーク『ストリートの精霊たち』(川瀬 慈氏)
◆コーヒー・セレモニー&エチオピア・プチ・マルシェ

※書籍は当日会場でもお求めいただけますが、コチラからもお求めいただけます。

≪川瀬 慈氏プロフィール≫
国立民族学博物館人類基礎理論研究部・准教授。専門は映像人類学、民族誌映画制作。文化人類学、シネマ、現代アートの実践の交差点から、文化の記録と表現の地平を開拓する。代表的な映像作品に『ラリベロッチ』『僕らの時代は』『精霊の馬』『Room 11, Ethiopia Hotel』『めばえる歌 -民謡の伝承と創造-』等。近年は日本をはじめ、ドイツ、中国、韓国、エチオピア等において映像人類学の講義を行う。2018年4月に世界思想社より『ストリートの精霊たち』を刊行。

☆スライド・トーク(川瀬 慈氏)
川瀬さんが2001年より通い続け、惹かれてやまないゴンダールのストリート。そこは様々な生業や経済活動の母胎であると同時に、人が生き抜くために、したたかに自己を表現する劇場でもあります。それはあなたを熱く歓待するかもしれないし、冷たく突き放すかもしれません。ゴンダールのストリートのディープな世界を、本人が記録した写真や映像、サウンドを交えながら紹介いたします。

☆コーヒーセレモニー(エチオピア大使館)
エチオピアのおもてなし、伝統のコーヒーセレモニーのデモンストレーション。
本場のお点前、乳香やコーヒーを煎る香ばしい香りとともに川瀬さん、エチオピア大使館外交官との交流をお楽しみください。もちろん、ご試飲いただけます。

☆エチオピア・ミニ・マルシェ(エチオピア・アートクラブ)
川瀬さんの著作はもちろんのこと、コーヒー発祥の地エチオピアから厳選したコーヒー豆やここでしか買えないエチオピア関連グッズのプチ・マルシェを開催します。

☆エチオピア音楽(エチオピア・アートクラブ)
今やコレなしにワールドミュージックは語れない。強烈なインパクトで世界を席巻するエチオピア音楽。休憩時間以降は、エチオピア・アートクラブ厳選のレア音源をBGMに流します。

BOOK

広告